2010年05月03日

葉酸・ビタミンB12投与、アルツハイマー改善

■ 葉酸・ビタミンB12投与、アルツハイマー改善 - 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100503-OYT1T00373.htm



軽症期のアルツハイマー病患者にビタミンB群の一種の葉酸とビタミンB12を投与すると症状が改善することを『見立病院』(福岡県田川市)の神経内科医である佐藤能啓副院長が実証したというニュースが、YOMIURI ONLINEに掲載されました。

このニュースによると、発病初期のアルツハイマー病に対して有効だということ。
実証の方法は、同程度の症状がみられる患者さん達を
○ 葉酸を1日1錠だけ投与の、第1群(90人)
○ 葉酸を1日1錠+ビタミンB12を1日3錠投与の、第2群(92人)
○ アルツハイマー病の薬「アリセプト」を投与の、第3群(40人)
(※アリセプトンは、現在のところアルツハイマー病の薬として国から認可されている国内唯一の薬です)

の3つのグループに分け、2005年から1年間観察。
症状の判定には、重症度を示すミニメンタルテスト(30点満点で値が低いほど重症)を行い調査したそうです。
結果は、調査開始前は第1〜3群とも平均20点でしたが、
○第1群(葉酸を1日1錠だけ投与)⇒ 23点(+3)
○第2群(葉酸を1日1錠+ビタミンB12を1日3錠投与)⇒ 25点(+5)
○第3群(アルツハイマー病の薬「アリセプト」投与)⇒ 18点(−2)

という結果になったとのこと。


あくまで根本治療にはなりませんが、症状を改善できることが実証されたことで今後の治療方法も変わって行くかもしれません。

アルツハイマー病が疑われたら、早めに病院へ行き受診が大切です。
にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ.. にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
posted by てんちょー at 19:04 | ニュース