2010年06月22日

快適室内環境・カビ対策に「湿度計」

ちゃんと食ぅとる?メール便 [2010/6/13号] for PC より抜粋


関東地方も「梅雨入り」間近という天気予報がラジオから
きこえてきました。
もう、そんなシーズンなのですね…

じめじめな梅雨。
ついつい家に篭ってしまい運動不足気味になったり、
ストレスで毎日が憂鬱な日々が訪れます。

この時期、快適な室内環境、カビ対策のためにエアコンの
ドライや除湿を使って湿度調整がとっても効果的なのだそうです。

快適湿度は『45〜60%』
室温が28℃くらいある場合、湿度60%を超えると蒸し暑いと
感じ、湿度50%より低いと快適と感じるのだとか。

ぜひ、エアコンのドライや除湿を上手に使って最適湿度の
快適室内環境で梅雨シーズンも快適生活で過ごしてください!


[PR]
そんな時に便利なのは、やっぱり『温湿度計』
シンプルで大画面が見やすい「デジタル温湿度計」がオススメ
ボタン電池ではなく、単四電池で動作するので経済的です。
カラーは、グリーンとオレンジの2色があります。
http://qctl.com/srh/YTM-001


(追記)e9106.com (クトル ウェブショップ)でも、導入して湿度コントロールでチャレンジ25キャンペーンに参加しています。続きを読む
にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ.. にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
posted by てんちょー at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショップのお知らせ

2010年06月18日

イクメンプロジェクト

厚生労働省が「イクメンプロジェクト」というプロジェクトを発足させ、専用サイトを公開させました。

イクメン』とは、育児とMENの造語。
お役所らしい“イケメン”に引っ掛けらダジャレの領域ですね… きっと。

男性の育児参加を促進するプロジェクトで、「子育てを楽しみ、自身も成長する男性」=『イクメン』として開設したサイトから子育てに取り組む男性にエントリーしてもらい、月に1度「イクメンの星」を選んでサイトで紹介するそうです。

この辺も、“イケメン”を意識している内容ですね…


メディアや自治体とも連携したイベントを実施するのだそうで、この後どんなイベントがあるか楽しみですね!

“イケメン”で『イクメン』なら、きっと“モテモテ”かもしれませんよ…?


【参照サイト】
イクメンプロジェクト
イクメンプロジェクト

http://www.ikumen-project.jp/
にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ.. にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
posted by てんちょー at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2010年06月17日

毎日新聞 - 境界を生きる:子ども性同一性障害

posted by てんちょー at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | モブログ

2010年06月15日

焼き物マスコット『マレーバク』再登場!

焼き物ますこっと マレーバク
やっと再登場です。

焼き物ますこっと マレーバク 【お味噌わ〜るど - ごもくや】
1個300円也。

大人気で前回入ってきたマレーバク達は、加速ついたら一挙にいなくなりました。
今回はどうかな〜。

前回いなくなってから日数が経ってるから、盛り上がりに欠けるし…

ちょっとぽっちゃりマレーバクになところもどうなの??
にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ.. にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
posted by てんちょー at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショップのお知らせ

2010年06月13日

性同一性障害

毎日新聞の2010年 6月13日 東京朝刊。

性同一性障害』という心と体の性が一致しないという障害について特集されていたようです。

(参考記事)
境界を生きる:子どもの性同一性障害/1(その1) 高1男子「早く女性の体に」 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20100613ddm001100169000c.html
境界を生きる:子どもの性同一性障害/1(その2止) 悩む現場の専門医 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/science/news/20100613ddm002100170000c.html
質問なるほドリ:性同一性障害のホルモン療法って?=回答・丹野恒一 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/wadai/naruhodori/news/20100613ddm002070096000c.html


芸能界で「はるな愛」「椿姫彩菜」「中村中」などが性同一性障害であることを公表したなどあり、社会的に認知されてきている障害ですが…
まだまだ問題は多いようです。

15歳の子が副作用を承知で個人輸入で薬を買い、危険を承知で医師の監視下でもなく親にも隠して薬を服用する。
好ましいとは思えない状況。。。


自殺者の中にはこういうケースもあるのではないでしょうか?
厚生労働省の見解や日本精神神経学会の見解などいろいろ難しいことがあるのでしょうけど、こういう子達をケアできるようになると良いですね。
にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ.. にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
posted by てんちょー at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき